ミネイワールド

ライターミネイの頭の中を投影してるブログ

ライターの嶺井が綴る
嶺井が気になるあれこれブログ

若者と老人の貧富差

若者と高齢者の貧富の差ってあるじゃないですか

老人が日本の富の8割を持ってるとかなんとかいうアレです

 

今日はちょっとそんなことについてガラにもなく語ってみようと思います

 

最近スーツ着ない会社って増えてきてると思うんですよ

特に経営者が若い会社とかIT系とかとか

で、そういう企業はだいたい平均年齢も若いじゃないですか

 

反面、スーツ着てる会社はだいたい経営者が高齢だったり企業グループに属していたり

まぁ大きい会社、その一部ってことが多いと思うんです

業種にもよりますけど、大まかにこんな感じですよね

あ、作業着とかはこっちのグループに入れますね

制服ってことにしましょう分かりやすい

 

で、市場規模で考えるとスーツ(制服)着てる会社が大きいじゃないですか

昔から日本の社会の歯車として動いて大きくなったり合併したりしながら

今も生き続けているんですから当然ですよね

もしくはそれらの企業を相手にしていることも多いですね

 

スーツ着ない会社は一部IT系、メディア、塾、経営者くらいでしょうか

市場規模としては小さいですよね

それにその業界で完結する内容が多いです

あとだいたいみんな若いですよね

 

それでここから本題なんですが

 

若いのにスタイリッシュな私服で仕事して1000万プレーヤー

 

そんな人ってIT系かメディア系か経営者ですよね

少ないパイを食べあって勝ち抜けた人だけが足を踏み入れられる領域ですよね

 

市場が小さいのにそんな人が出てきたら、そのパイを食べる人の分け前がガンガン減るわけですよ

 

実力主義といえば聞こえはいいんでしょうけれど、IT起業・メディア起業を推し進める政策には疑問があります

また、それを是とする若者の風潮にも賛同しかねます

そんなことしたら若年層の間での格差が広がるだけです

 

そしてここにビジネスチャンスもある訳です

 

スーツの会社から富を引っ張り出す仕組みをつくる事ができたら

パイを奪い合わなくてもいい訳です

 

平均年齢が高い会社から引っ張ってくることができれば

世代間格差の是正の一助になりますし

ビジネスモデル次第では競合が少なくて済みます

 

とは言ってもその仕組みを作ることが困難ですし

営業かけたところで振られるのは目に見えています

 

ならば振られないものを商売にしたらいい

インフラや消耗必需品の分野で勝負をかければいい

新メディアを作って権利収入を発生させてもいい

 

と、今2分で考えただけで上2つ出てきたんですから

もっと詰めて考えれば稼ぐシステムはきっと作れるはずです

 

間違っても現在主流になっている閉鎖環境の仕事で起業をしてほしくない

若者を消費者の対象にした商売をしてほしくない

 

これを言いたかったのに1,000字越えちゃった

 

それでは!

 

さらだばー

ケースなどいらぬ!我がスマホを裸で運用する3つの理由

会社から支給されているガラケーの充電が、2週間無充電でも電池マーク3つあります

なんで僕が高校生の頃はあんなに毎日充電してたんでしょうか

 

こんにちはミネイです

 

冒頭でお話ししたケータイについて、ちょっと書いていこうと思います

「ケータイ」って表記すると若者っぽいけど軽く感じますね

 

ケータイの形態がガラケーからスマホに変化しましたね

それに伴ってケースなるアイテムが台頭しました

 

画面むき出しだしパネルが割れたら致命的ですから当然の成り行きだと思います

 

それまでも画面むき出しのスライドタイプやバータイプのガラケーもありましたが

物理ボタンでの操作がメインだったこと、パネル自体の重要度が現在ほど高くなかったことで、ケースを付けるということは無かったと思います

あったのかもしれないけど…

 

さて、大抵のスマホは物理ボタンは側面除けばせいぜい3つです

それ以外はすべて静電式タッチパネルでの操作ですね

ということは画面が割れたりすると静電気を感知しなくなり操作不可の領域が出てきます

 

余談:nintendo Dual Screen…あっ、DSですね、これは感圧式なので割れてもなんとかなる場合もあります

 

まぁそんなわけで画面を守ることを主軸に、本体をできるだけ綺麗に保つため、ファッションのため、利便性のため、など

様々な面でメリットを受けられるケースを装着することが一般的になってきました

 

そこの風潮に小さな小石を投げ入れることが、今日のブログのテーマです

 

スマホを裸で運用する3つのメリット

  1. 放熱をたすける
  2. 扱いやすい厚さ
  3. デザインで差が付く

 

 放熱をたすける

まぁ逆なんですけど

 

スマホってなかなか発熱するじゃないですか

某A機種なんかカイロだとか言われたりしてましたよね

で、そもそもスマホはケースを付けて運用するものではないんですよ

メーカーでの放熱テストは裸で行われてるそうです

ソースは某キャリアの販売員なので信頼は無いですが

 

重たいゲームとかやったり充電しながら使用してると、けっこう発熱しますよね

そこにケースなんかつけたらもう熱暴走ですよ

暑くなって危険だと判断したスマホさんが自分の身を守るために機能停止しちゃいます

機種によっては素でなるけど

 

そんな状況に陥る可能性を少しでも減らすためにも、ケースは付けない方がベターです

バンパーなら問題ないですね!

 

扱いやすい厚さ

ケースを付けることにより、すくなからず厚くなりますよね

それが良いというならば、それは構わないのですが…

 

UIという言葉があります

ユーザーインターフェース、使う人の使いやすさ、そんな雰囲気の言葉です

IT分野ではソフト面で使用されるので、ここはHIと言いましょうか

ヒューマンインターフェース、人が使いやすいかどうか

 

大手メーカーは、このHIを重視しています

例えば某大手キャリアは神奈川にHI研究所を構えてメーカーになんやかんやしてます

そんな研究の成果であるスマホは、本来であれば人にとって使用しやすい厚さ重さであるのです

 

ためしに外して使ってみてください

違和感はあるでしょう、滑りやすいかもしれません

でも厚さ重さ形状に関しては、なかなか良いのではないでしょうか

 

 

デザインで差が付く

 

スティーブ・ジョブズは言ってました

「200$のデザインを20$のケースで隠すのか」と

いや、ほんとに言ってたのかは知らないですけど、この言葉自体にはものすごく納得したんです

iPhoneはデザインにも注力していました

5sまでなら裸の方がかっこいいと感じる方も多いでしょう

昨今のケース当然といった市井で、裸iPhoneを運用していたらカッコいいですよね

僕はそう思います

 

また他アンドロ機種でも、ケースで個性を出すのではなく本体のセンスやそれを邪魔しない程度のアクセサリ、バンパーを使用して本体のセンスとミックスアップさせる

これが「良いセンス」といわれる手法ではないでしょうか

 

 

以上となります

 

あくまでミネイの主観であり、ケースを否定しているわけではありません

山や岩場に行くときは僕もケースつけて行きます

 

ただ、ケースは当たり前と疑問も無く使用している風潮に小石を投げてみたかっただけです

 

では、さらだばー!

異業種交流の活かし方と飲まれないために

今までなるべく句読点を付けようとしていたんですが、たまに忘れちゃうことがあるのでもうやめますね!

 

こんな誰も気づかない事にこだわりを持つことが好きなミネイですこんにちは

 

 

さてさて、先日ちょっとね、引っ越してきてまだ中洲以外は右も左も分からないのでね

 

異業種交流会なるイベントに参加してみましたよ!

 

事の発端は、職場でお昼休みに軽く福岡について調べていたことから始まりました

 

友達も欲しいし、同世代とか同趣味の人が集まるイベントって無いのかなって調べてたんですよ

あ、ちょっと余談ですけど

[公式]福岡城さくらまつり|城壁とさくらのライトアップ

こんなのがあるらしくて、その中で和装イベントがあるみたいです

そろそろ和服を着る時期だなと考えていたので参加します!

ただまぁコスプレ的な?そういうのが多いような雰囲気ではあるんですがね

 

閑話休題

 

それで某運営団体が主催する某交流会を見つけて参加ボタンポチったんですよ

その時点では会場の雰囲気も交流会で何をするのかも分からない状態でして

不安ばかり募る状況でした

運営団体のHPに交流会の様子なんて写真があったけど、なんかいろんなところで開催しているみたいだから参考にならないんですよね

 

そんで開催日は3月頭だったんですよね

申し込んだの2月中ごろだったんで

すっかり忘れてました!

前日に確認メールが来て思い出して正直めんどうだったけど参加できました!

 

 

仕事を終えていざ会場となる某ビルへ!

 

エレベーターに乗るとき、僕の他に3人いたんですよ

2人組とソロと僕

この人たちも参加者かな?エレベーターって気まずいな、参加者じゃなければいいな

なんてことを思いつつみんな同じフロアで降りたんですよね

 

…やっぱりね

 

降りるときに2人組のコミュ力高い系のお兄さんが

みんな交流会の参加者みたいですね

って笑って話しかけてくれたことで救われた

そして

『みんな同じみたいですねw』

って僕が言ったとたんに無言になるアレが発動

 

もうね、きみらね、すでに息ぴったりじゃん

交流会参加する意味ないほどにぴったりじゃん

そんな感じでミネイはその場を呪いつつ会場入りしたんですよ

 

受付を済ませようと並んでたら、前の人が諭吉を出してお釣りが無いと

僕はちょうど持ってたので先に払って、お礼を言われ、いい笑顔で

『いいえ、お気になさらず(ニコッ)』

はいでました無視!

ちゃんと交流しなさいと言いたい

 

そういった蓄積遅効系ダメージをくらって正直もう帰りたい感じになったミネイ

目の前には会議デスク2つ

その上に水とアクエリとお茶

壁に沿ってイス

なにをしたらいいのか…

 

とりあえずイスに座り受付でもらった参加者の簡単なプロフを眺める

そして周りを見る

右に座ってるおっちゃんと目が合った

 

 

…はっ!名刺かっ!

 

 

ここで瞬時に察する

目が合ったら名刺交換が始まる特異空間に僕はいるんだ

ポケモンのトレーナーもきっとこんな緊張感を常に持ってるんだ

今まで何人のガールスカウトやミニスカや大人のお姉さんを屠ってきたと思ってるんだ

レンジャーやブリーダーやビキニのお姉さんもだ

こんなおっちゃんにやられる訳にはいかない!

 

さくっと名刺入れからダサい名刺を取り出す

渡す

受け取る

コンプリート!

 

さすがだ、やればできるじゃないか

 

そしておっちゃんと話す

なにやら難しいことを話してる

難しいことを聞かれた

僕はこんなことしてますよって応えた気がする

コンプリート!

 

そんなことを繰り返す

 

5人目あたりで疲れてきた

四天王だって5連戦で終わりなんだ

もういいだろう?殿堂入りさせてくれ

 

しかし交流会という名のチャンピオンリーグは僕を離さない

これでもかと強制的に目を合わせてくる

名刺交換がまた始まる

 

そのときの僕の手持ちはこんな感じ

リザードン HP2割

ドードリオ ひんし

ユンゲラー ひんし

アズマオウ どく

マタドガス ひんし

ダグトリオ ねむり

 

もう開放してくれよ

 

と思ってたら21時

いないに等しかった司会が終了を告げる

この司会、初めて仕事してくれたと思う

ほんとに

 

そうして僕のバトルは幕を閉じた

帰り際にアズマオウがひんし状態になった

 

得たものは名刺10枚ちょっと

失ったものは体力

 

そして始まる保険営業・マルチ勧誘の嵐

 

これから挑もうとする諸兄に伝えておく

塩対応ができないなら参加するな

どうでもいいと感じたなら塩対応をしないと僕みたいになるぞ

 

友達を作りに来るやつは2人しかいなかった

僕の友達つくりの幕は降りない

 

また新しい手法を探さないとな

 

さらだばー!

ブギウギ踊ろう!

www.youtube.com

 

 

鼻血でますよね!

 

こんにちはミネイです!

 

 

この動画やばくないですか?

 

 

彼はドイツのルカ氏です!

動画の時点では多分18歳かな?

 

天才かよ!って思いません?

f:id:bor-1124:20160301120442j:plain

 

 

しかもイケメンという無双っぷり!

 

 

いやはや末恐ろしい!

 

このジャンルはジャズ風ブギって感じなのかな

 

タイトルもjoogie wazzってブギとジャズ合わせてますもんね

 

 

そもそもブギってのはピアノスタイルから確率されたものでして

 

もちろんジャズとの親和性も高い

 

っていうかスウィングジャズとかでも使われたりしてるよね

 

 

ロックでも採用されてて

有名どころだとT.Rexのコレとか

 

www.youtube.com

 

いいよね!

 

ジャズとかブギとか自然に体が動き出す雰囲気があるの最高!

 

 

クラブなんかの音楽は

 

踊らなきゃ!

 

って義務感が生まれるから苦手なんですよね

 

どうでもいいね!

 

 

そんなわけでLuca Sestakの紹介でした!

 

みんなもっとブギウギしようぜ!

ボタンブーツ

何を書けばいいのか未だに掴めてないミネイですこんにちは。

 

漢字の「嶺井」よりカタカナのほうが親しみやすいって言われたので4記事目にして変えてみますね。

 

改めましてカタカナ版ミネイですこんにちは!

 

 

今日のテーマはこれにしましょう。

ボタンブーツ!

大塚製靴っていうメーカーから出ています。

 

皇室御用達の靴屋さんですって。すごい!

 

 

 さて見ていきましょう。

 

 

 

f:id:bor-1124:20160229140959j:plain

item.rakuten.co.jp

 

 

ああもうかっこいい!

おしゃれ!

スーツとブーツを合体させちゃったぜ感ある!

 

 

さてこのブーツですが僕は欲しいけど持ってないんですよね。

 

あ、これブログのタイトルとあってますね!

これ欲しい!

 

 

えーこれは一般的なワークブーツ、レッドウイング的なね、そんなのに使われてる製法を採用してますね。

 

グッドイヤーウェルト製法ですね。

 

 

でもね

 

 

さすが大塚製靴さん

 

 

普通じゃない

 

 

これピッチが狭すぎる

 

 

ピッチってのは縫い目のことだと思ってくださいな。

 

 

あとボタンの付け方

 

 

ユーザーの足にフィットさせてるから遊びが無いんですよ。

 

 

だからこんなの使うの

f:id:bor-1124:20160229142731j:plain

 

じゃないとボタン閉められない。

 

 

すごいね!

 

このこだわり、さすがメイドインニッポン!

 

 

1872年から続く歴史の重さってのを感じざるを得ない!

 

 

もうすごすぎて怖い!

 

こんなの欲しくてもおそれ多くて買えないね!

 

 

おしまい!

 

 

さらだばー!

お題:方言

こんにちは〜。嶺井ですよ〜。

はてなブログをぐるぐる見てたら、お題なるものが存在することを知ったので早速取りかかってみようと思います。

僕の出身ははじめました - あれも欲しいしこれも欲しいここにも書いてますがOKINAWAなんですよね。

日本人口1億何千万のうち1億人以上は意味不明になると名高いOKINAWAの方言、いってみよー!

とりあえず皆さんご存知
なんくるないさぁ〜
何とかなるって意味なんですけど、現地人ほぼ使いません!
これはもう沖縄=年中夏日!みたいな安直イメージであると言わざるをえない!

もっとボキャブラリー増やしてこ?
ここで勉強してって?ね?


さて次
これも有名
めんそーれ
はい、これも使わない!言ってる人見たことない!
ね、いかに観光客相手の商売してるかわかるでしょ?

どんどんいくよー。
一回会えば兄弟って意味なんです。
この精神は確かにありますよ。
でもやっぱり使いません。

実際使ってるの教えろって?
じゃあ次はそれいきます!

でーじ/しに
超!◯◯の超!の部分ですね。
これは地元民ヘビーユーズしてますのでおためしあれ!

やしが
しかし!でも!って意味があります。
使う人は五分五分ですけど、だからこそ使えばツウぶれます!


さて例文。
「これでーじ使いやすくない?」
「やしが高いなー」
はい!これであなたも沖縄人!おめでとう!
この記事書いた僕に感謝しつつ沖縄旅行してくださいね。

あとついでに、沖縄人がいたずらで教えるウソ方言
やなかーぎー
これブサイクって意味なんですけど、若いのがたまに「美人」って騙して教えてるんで要注意!
美人は「ちゅらかーぎー」です。
美ら海・ちゅらさんで使われてる「ちゅら」があるので覚えやすいね!


そんなもんで終わりますね!さらだばー!

安藤製靴OR-7

沖縄にはスギ花粉は飛んでないって知ってます?

おかげさまで花粉症とは無縁の嶺井ですこんにちは。

しかし24歳ごろに沖縄から飛び出して、いつ花粉症に侵されてしまうかと怖がっています嶺井ですこんにちは。

 

今回はこんなことを書いちゃいますね。無駄に見出し機能なんかも使っちゃいます。

 

安藤製靴 OR-7

はい、靴のお話です。

ブーツです。素敵なブーツです。

どう素敵かっていうとですね、なんとまぁ、スタイリッシュとは程遠い無骨なヤツなんですよね。

あとこのブログ、いろんな人に見てほしいのでライトな内容です。ご了承を。

とりあえず見てくださいな。

 

 

ドン!

 

f:id:bor-1124:20160226161753j:plain

 

あ、よく分からないですよね。

僕もそう思います。

これは履き下ろした日の写真ですね。なつかしい。

 

f:id:bor-1124:20160226162457j:plain

 

これの左のやつですはい。

右のはチペワってメーカーだけどまた今度書きますね!

 

んでこの写真はまだ履いてないときのやつ。

ちょっとね、作りが特徴的なんですよね。

ノルウィージャン製法ってやつなんですよね。

安藤製靴のwebサイトではノルウェージャン製法って言ってるけど、どっちでもいいよね!

そんな言葉のはしっこ捕まえてわーわー言う人、僕は嫌いだな!うん!

 

さてさて、そのノル~製法(打つのめんどうだねコレ)なんですが、右のブーツの製法よりも丈夫なんですよね。

まぁどっちも十二分に丈夫だから正直どっちでもいいんですけど。

 

このブーツの特筆すべき点は製法と皮革(ひかく)にあります。

ちょっと前まではホーウィン社のクロムエクセルっていう革を使ってたんですよ。

でも社長のこだわり(って言うには強すぎると思うんですけど)によって、今はもう使ってないんですよ。

 

んでこれは、クロムエクセル以降のモデルでして、ベスタ社のケベックって革を使ってます。

うん、まぁ正直、革の良し悪しってある程度までいくと長く使わないと分かんないトコあるんですよね。個人的な感想としては。

だからまだよく分かんない!

で、とりあえず2016年2月の写真がこちら

 

ジャン!

f:id:bor-1124:20160226162455j:plain

 

購入が2015年6月なので、半年ちょっと経過してるかな。

割とハードに履いてるけど、そんなに変化ないんですよね。

気に入ってるからいいんですけどね!

 

 

あとすっごく大切な事忘れてたんで書きますね。

これ作ってる安藤製靴って会社。

ノ~製法を習熟している職人さんって日本じゃほんとに少ないらしくて

ここの職人さんはホントにすごいって思ってる。

 

それと買おうとしても錦糸町の直営店でしか買えないんで注意!

通販やってますけどね。

 

 

おしまい!